Minnie Couture ★ ミニークチュールの新商品

ミニークチュールの新商品をいち早く知りたい!というときは、私はいつもAmazon を見ています。

なぜか、フライングで商品ページができていることが多いので、その場で予約しちゃったり。

はっきり言ってT-ARTSのページより情報が早いです!良い事なのかは微妙ですけどね…。

ミニークチュール お着替えドレス」「 ガーリーベア お着替えドレス 」で検索してみてください!

TDS Mickey & Duffy's Spring Voyage

"Mickey & Duffy's Spring Voyage" is a special program in this spring.
The program consists of 3 shows

  1. Welcome to Spring (at Lido Isle)
  2. Easter in New York (at Water Front Park)
  3. Spring Time Surprise (at Arabian Coast)

and flowers in full bloom.

Next year this program would not be.
Because It seems that next year's TDS special programs are related to the 30th anniversary.

"Mickey & Duffy's Spring Voyage" is a special of special!

Imgp7730_r

Minnie Couture ★ Sサイズ用のカチュームを作ろう ★ 作り方

★型紙はこちら★

■作り方

(1)布を型紙どおりにカットします。

Dsc_0141

(2)Aの線を山折りにします。

Dsc_0142_2

(3)Bの線を山折りにし、続いてCの線も山折りにします。

Dsc_0146

太さ10mmの細長いリボン状のものになります。

(4)長い辺をしつけ糸で縫います。

(5)型紙どおりにゴムをカットします。

Dsc_0148

(6)端から5mm分(型紙の点線の部分)だけ布で挟みます。

Dsc_0150

(7)ゴムを挟んだ部分と、仕付け糸で縫った部分を仕上げの糸で縫います。

Dsc_0153

(8)もう一方の端も、同じようにゴムを布で挟んで仕上げの糸で縫います。

(9)完成!

Dsc_0155

コサージュやレースをつけたり、アレンジして楽しんでくださいね!

Minnie Couture ★ Sサイズ用のカチュームを作ろう ★ 型紙

Sサイズ用のカチュームの型紙と作り方をご紹介します。

  • ミニークチュール ミニーズドール Sサイズ
  • ミニー&カドリーベア カドリーベア Sサイズ
  • ガーリーベア Sサイズ

に付けられます。(デイジードールは未検証です。ゴムの長さを調節してください)

※申し訳ありませんが、作成は自己責任でお願いします。サイズが合わなくても責任は負いかねます。

↓↓こんなかんじのカチュームです。

ミシンがなくても、1時間くらいあれば手縫いでも作れますよ!

561205380

■用意するもの

  • 針と糸
  • しつけ糸(あると便利です)
  • チャコペン(布にはペンタイプ、ゴムにはチョークかペンシルタイプがおすすめ。)
  • 好きな柄の布
  • 平ゴム(幅5~10mm、6コール程度の平ゴム。毛の色と揃えると良いです。)

■型紙

↓pdfファイルをダウンロードしてご覧ください。

「feel_the_magic_0101.pdf」をダウンロード

単位はすべてmmです。

※この型紙で作成したものをオークション等で販売するのはご遠慮ください。

★作り方はこちら★

Minnie Couture ★ T-ARTSお着替えドレス以外のお洋服の互換性

T-ARTS以外のぬいぐるみやお人形の服で、ミニーズドール、デイジードールが着られるものはあるのでしょうか?

私は検証していないのですが、以下のお人形のお洋服が着られるようです。

※申し訳ありませんが、購入は自己責任でお願いします。責任は負いかねます。

■ミニーズドール、デイジードール Mサイズ

また、お洋服の販売はありませんが、ダッフィーのポーチにお洋服を作っている方によると、こちらも同じサイズだそうです。

■ミニーズドール、デイジードール Sサイズ

Minnie Couture ★ お着替えドレスシリーズの互換性

ミニークチュールのメーカー、T-ARTSは「お着替えドレス」に対応したぬいぐるみを複数販売しています。

お着替えドレスはほぼ同じサイズでできているため、

他のぬいぐるみの「お着替えドレス」もミニーズドール、デイジードールに着せられる可能性があります。

お着替えドレスに対応したぬいぐるみは以下のようなものがあります。(すべてMサイズ)

  • ミニー&カドリーベア カドリーベア
  • ガーリーベア
  • お着替えスヌーピー・ベル
  • トビネコ などなど

このうち、カドリーベアは公式に互換性があることがアナウンスされています。

私は個人的にいくつか検証したものがあるのですが、(また後日記事にしますね!)着せられるかどうかには以下のチェックが必要だと思います。

※購入は自己責任でお願いします。こちらでは責任を負いかねます。

■親指部分がひっかからないか

カドリーベアやガーリーベアは親指がなく丸い手なのですが、

ミニーズドールには親指があるので、その部分が袖口に入れられるかがポイントになります。

だいたいのお着替えは袖口を通る間だけぎゅっと押し込めば着られると思いますが、

たとえばカドリーベアのうさぎコスなど着ぐるみタイプを着せようとするとけっこう苦戦します。

それでもかわいいので頑張って着せますけどね(´ω`*

※このお着替えはミニークチュールで色違いのピンクも出ていてとてもかわいいです。

イースターの季節にディズニーランドに着せて行くとモテモテです。

■しっぽの位置

パンツスタイルのお着替えドレスでしっぽの穴があるときに注意が必要な点です。

ガーリーベアはクマなので尻尾が丸いですが、ミニーズドールは長いしっぽです。

しっぽのついている位置も違います。(ガーリーベアのほうが若干上です。)

ですので、履かせたときに少々違和感がある場合があります。

あまり後ろ姿を気にしないのであれば問題ないです。

(私は気にしないで履かせています。)

↓たとえばこちらのガーリーベア用の「ガーリードール」だと、ミニーのしっぽは一回上にあがって穴を通る感じになります。

■シューズ、ヘッドアクセサリ

シューズは履かせてみないとわからないところがありますので、最悪諦めです。

私が持っているカドリーベアとガーリーベアのシューズは、ミニーズドールに履かせていますが、ぴったりサイズかといわれるとちょっと違うような気もします。

ヘッドアクセサリは

  • ノーマルのミニーズドールのように両耳にゴムをかけるタイプ
  • ノーマルのデイジードールのようにヘアバンドのタイプ
  • ガーリーベアのリボンのように片耳にゴムをかけるタイプ

など色々なタイプがあるので、見て判断するしかないですね。

ただ、ヘッドアクセサリは

  • 手持ちとコーディネート
  • 人間用のヘアゴムを流用
  • ゴムの付け替え

などで工夫できる所かと思います。

■ワンピース、スカートはだいたいOK

ワンピースやスカートは(私が知る限り)ほとんど問題なく着られます。

とくにガーリーベアには「お着替えバラ」というジャンルがあり、

シャツだけ、スカートだけという買い方ができるので、

これで条件に合ったものを選んでコーディネートすることができますよ。

Minnie Couture ★ ミニークチュールのお洋服の型紙

「ミニーズドール、デイジードールのお洋服を自分で作りたい!」と思っている方必見の情報です。

ぬいぐるみのお洋服の型紙は手に入りにくいですよね。

でも、実はミニークチュールのお洋服の型紙が雑誌に掲載されたことがあるんです。

私が知っている二冊をご紹介しますね。

ミニークチュール オフィシャルファンブック

文字通り、ミニークチュールのオフィシャルファンブックです。

付録として、かわいいトートバッグとぬいぐるみチャーム、特製シールがついているので気になっている方も多いのではないでしょうか。

このムックには以下の型紙が掲載されています。

  • Mサイズ用のリボン
  • Mサイズ用のノースリーブシャツ
  • Mサイズ用のスカート
  • 付録のチャーム用のジャンパースカート
  • 付録のチャーム用のワンピース
  • 付録のチャーム用のケープ

また、今までに発売されたお着替えがほぼすべて網羅されているそうなので、型紙は不要という方も見て楽しいムックですよ。

尚、付録は目隠しされた状態で販売されているので、書店でもチャームのお顔選びはできません。ご注意ください。

Dolly*Dolly Vol.22

こちらはお人形専門誌のDolly*Dollyです。

実は、ミニークチュールではなく、その前身の「カドリーベア」用の型紙としてですが、以下の型紙が掲載されています。

  • Mサイズ用のノースリーブワンピース
  • Sサイズ用のフード付きレインコート

ミニークチュールが発表されたとき「カドリーベアのお着替えドレスも着られる」という触れ込みだったので、服のサイズは同じです。

こちらの型紙で作ったお洋服も問題なく着ることができます。

また、私の作った型紙もちょっとずつ公開しています。(素人ですが…)

右側の「カテゴリー」で"Pattern"をクリックしてくださいね!

Minnie Couture ★ ぬいぐるみのお手入れ

ミニークチュール ミニーズドール、デイジードール、カドリーベア、ダッフィーなど、ディズニーファンなら気になるぬいぐるみのお手入れ方法!

5/7(月)21:55から、Eテレで「いつまでもきれいに!ぬいぐるみのお手入れ」というミニ番組が放送されるので、ぜひ見てみてください。

洗い方や、綿の入れ替え方法などが放送されるようです。

観られない方は、書店でテキストも買えますよ!

Minnie Couture ★ どこで買うのがおすすめ?

「ミニークチュールが欲しいんだけど、どこで買えるの?」という質問をよく受けるので、私の買い方をご紹介します。

すべての方にあてはまるわけではないので、参考程度にしてくださいね!

【販売店舗について】

まず、どこで買えるかについてですが、公式サイトに販売店舗一覧があるので参考にしてください。

スーパーのイトーヨーカドー、雑貨店のパスポートがたくさん掲載されていますが、店舗によっては力を入れていなかったり、置いていないところがあります。

経験上、キディランドが確実ですし品ぞろえ豊富です。(メーカーのT-ARTSとキディランドが資本関係にあるため?)

また、Amazon楽天市場、オークションでも買うことができます。

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでは販売されていません。

【おすすめの買い方】

■ぬいぐるみ本体は店舗で直接選ぶ。お着替えドレスはネット通販でも。

ぬいぐるみ本体は店舗での購入をおすすめします。

理由は、お顔が1つ1つ異なっているので、自分の目で確かめて買うほうが愛着が持てるからです。

※実際にミニークチュールの前のシリーズ「カドリーベア」では、目のつきかたがバラバラだったりということがあったので、当時からのファンはこの点を気にしています。

また、お顔だけでなく、足の開き具合なども変わってきますので、ぜひ直接お気に入りのコを見つけてください。

販売店舗に行けない場合は、ネットやカタログ通販での購入になってしまいますが、オークションなどでは「このお顔のコです」と写真を掲載している場合もあります。

ただし、フェリシモのミニークチュールだけは通販限定なので、その点は神のみぞ知る、ですね。

お着替えドレスはそれほど品質にばらつきはないと思うので、ネット通販でも良いと思っています。

■限定品が早く欲しい!ときはキディランド。イトーヨーカドー限定品もあります。

キディランドは品ぞろえ豊富、かつ、アニバーサリーイベントなどが開催されるので、限定品の先行販売があります。

また、イトーヨーカドー限定品もときどき発売されるので、この2店舗はファンなら要チェックです!

ただし、両店舗とも定価販売が基本です。(イトーヨーカドーは古い商品を値引きしていることがあります)

■安く買いたいならネット通販かヨドバシカメラ!

Amazon楽天市場などのネット通販や、ヨドバシカメラであれば、1~3割引くらいで購入することができます。

ヨドバシカメラに行けば、実物を見ることもできるし、安く買えるし一石二鳥ですね。

ただ、私がよく行く秋葉原のヨドバシカメラは「ディスプレイしよう」という意気込みが全くなく、棚にぬいぐるみがこんもり積んであるという状態なので、そういうことが気にならない方にしかおすすめしません…。

【まとめ】

というわけで、私は実際には、ぬいぐるみ本体→キディランド、お着替え→ヨドバシカメラ、Amazon楽天市場で買っていることが多いです。

時と場合によって買うお店を使い分けて、楽しいお買い物をしてくださいね!

Minnie Couture ★ ミニークチュールのサイズ

ミニークチュールシリーズ(ミニーズドール、デイジードール)にはぬいぐるみとして2つのサイズがあります。

■Mサイズ

Mサイズは、着せ替え服として販売されている「お着替えドレス」が着せられるサイズです。

T-ARTSの他のぬいぐるみの「お着替えドレス」も着せられるものがあるため、Mサイズのコが一人いると、いろんなお洋服が楽しめます。

ミニーズドールのMサイズは、

の4種類があります。

デイジードールは1種類のみ です。(2012年5月現在)

尚、ダッフィーのお洋服やユニベアシティのお洋服はサイズが合わないので要注意です。

■Sサイズ

Sサイズは、「お着替えドレス」の販売はありませんが、

お洋服を脱がすことができるものもあるので、オリジナルでお洋服を作って楽しむことができます。

Mサイズよりひとまわり小さめのサイズなので、いっしょにお出かけしたい方にはおすすめのサイズです。

ノーマルタイプの他、ディズニーファンとのコラボ衣装、アニバーサリー衣装のコなどが発売されています。

■大きさ比較

2Lのペットボトルを置いて大きさを比較してみました。

左のさくら色のコがSサイズ、右のコがMサイズです。

Photo

※Mサイズちゃんが着ているお洋服は、同じT-ARTSの「お着替えドレス」対応ぬいぐるみ、「ガーリーベア」のお洋服です。リボンはノーマルタイプのリボンを付けています。

*********

上記のぬいぐるみの他に、雑貨として以下のような商品もあります。

■ボールチェーン、ストラップ、ぬいぐるみチャーム

Sサイズよりちいさなもので、ぬいぐるみというよりはマスコットという印象です。

刺繍やパーツの多い複雑な衣装は、簡略化されています。

お洋服を脱がすことはできないので、着替えは難しいですが、その分たくさんの衣装のコが発売されるのでコレクションにおすすめです。

■フェイスポーチ

ぬいぐるみポーチ、モバイルンルンポーチ、フェイス型ポーチ付きストラップなどもあります。

■その他

きんちゃく袋、タオルホルダー、マルチホルダー、クッションなどがあります。

キャラクターグッズとしては文具やランチ商品もあります。

«Minnie Couture ★ ミニークチュールのお話

フォト

Profile

  • ■in Japanese
    Twitterに英語でパーク画像をUPしていたら、WDWファンからの反応が良かったのでblogも英語にしてみました。エキサイト翻訳を使いながらなのでヘンテコかもしれませんが、よろしければお付き合いください。
  • ■in English
    I love Disney! I'm Japanese. I have TDR annual passport. I like Mickey & Minnie.

Spanish Disney Blog

無料ブログはココログ